FC2ブログ

"vocalise" on the blog

リュカ.第10回公演+時間堂「vocalise」公演情報

--/--/--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/10/27

profile#9 中田顕史郎 

中田顕史郎(なかたけんしろう)
俳優・ドラマツルギー

フリー。
2004年佐藤佐吉賞年間最優秀主演男優賞受賞。
2005年佐藤佐吉賞年間優秀主演男優賞受賞。

1989年に旗揚げした「青空美人」が劇団だった時代の看板俳優。
ポカリン記憶舎、reset-N、リュカ、時間堂、パラドックス定数ほかに出演し舞台を中心とした活動をおこなう。

出演CM「ユニバーサルミュージック:DISCOFEVER」はニューヨークADC銀賞を受賞。

また1990年頃からコンテンポラリーダンスの演出に関わり、2000年を過ぎてオランダを中心に活動する楠田健造の作品のドラマツルギーを担当、作品「Moisture Rocket」はthe selection committee of the Nederlandse Dansdagenによる2001ー2002E´Vーズンのone of the highlightsとなった。
2003年から東京で浜口彩子作品のドラマツルギーを担当、作品「レモンボム -trio version-」は、2006年横浜ソロ×デュオ<Competition>+の審査員賞を受賞した。

演出家より 演劇に対する造詣の深さと経験の長さに、いつも尊敬の念を抱いていますし、稽古のあとでも作品全体を考えた討論を重ね勉強させていただいています。経験に裏打ちされた演技の引き出しの多さ、発想の豊かさは俳優として素晴らしい結果を出しますが、私がもっとも俳優として好きな点は、演劇に懸ける情熱が誰よりも熱いことです。

脚本家より おととし上演の「それいゆ」からご一緒させていただいています。舞台に立つだけで空気を変えることが出来る役者さんです。その存在感はもとよりの資質と培われた経験のたまものなのでしょう。またそのキャリアから出演のみならず、劇作にも的確なアドバイスをいただいています。
スポンサーサイト

2006/10/24

profile#8 稲村裕子 

20061019015645.jpg

稲村裕子 (いなむらひろこ)

時間堂の看板役者で過去に多数出演。
いつもスロースターターで演出をハラハラさせるが、気づけばいつのまにか周囲を安心させている。よく跳ねる。

演出家より だいぶ長いことお世話になっています。納得がいっているときといっていないときでこれほど演技の違いがある人も珍しいですが、それは修正点が見つけやすいということなので、最終的にはつじつまが合っていきます。そして納得したときの説得力と熱量は、ちょと真似しようと思っても出来ないほど鮮やかで、その瞬間を見たくていつも出演していただいています。

脚本家より 時間堂の舞台では何度か観ていましたが、稽古風景を見るのは初めてです。世莉さんが言うように「納得」を誰よりも必要とするタイプなのかもしれません。けれど役を自分のものにしてしまえば「怒ってるけどなんだか可愛い」という、とってもチャーミングな役者さんに変身します。

2006/10/24

profile#7 河合咲 

20061019015635.jpg

河合咲 (かわいさき)

出演歴
Oi-SCALE「キキチガイ」
ラフカット2005

演出家より 初めて一緒にお仕事をします。見かけは可愛いのですが、そんなことより飲み込みの早さに感心しました。見えない努力をきっちりやってこられる方で、それを当然だと思える強さが武器で、それは当然舞台の上で嘘のない演技となって結実します。とても信頼できる俳優さんです。

脚本家より 安定感がありバランスのとれた役者さんです。引き出しの多さを感じさせ、芝居のスケールにかかわらずとても安心して観ることが出来ます。お芝居への取り組みかたも前向きで、稽古場にほどよい安堵感をもたらしてくれます。

2006/10/24

profile#6 こいけけいこ 

20061019015557.jpg

こいけけいこ

shu-meiモデルとして東京コレクション出演。身長182cm。
国際ファッションフェスティバル準優勝。
http://www.h2o-net.co.jp/H2O/produce_history/mode_cafe/style/sty_kekka/sty_kekka_migi.html

演出家より 今回で二回目のお仕事ですが、まずすらっとした美しい女性だなあという第一印象と、脳天気な内面の落差にびっくりさせられます。色々と不器用でまたびっくり。でも本当にびっくりするのは、彼女が頭で考えるよりも、感覚で最も重要なことを理解し、簡単に実践してしまったときで、その瞬間は鳥肌が立ちますし、そんな瞬間を出来るだけ多くを客席に届けたくなります。

脚本家より 普段はあどけなさが目立つものの、しっかりとした大人の一面も持っています。観ている側まで楽しくなる笑顔や、思わず涙をこぼしてしまうような芝居は、素直な性格の表れなのかもしれません。いまの感性を持ったまま堅実性を身に付けて、もっともっと上手い役者さんになってほしいです。

2006/10/22

profile#5 根津茂尚 

20061019015545.jpg

根津茂尚(ねづしげひさ)

新潟県出身、「あひるなんちゃら」所属。
趣味:フットサル・料理・釣り・歌うこと。
特技:シュールな空気をつくる。

◇芸歴
1995年?1997年の3年間、映像関係の仕事をやったりやらなかったり。
2000年、小劇場の舞台を初めて踏む。その後フリーで活動。
2005年に「あひるなんちゃら」に所属。

◇主な出演作
舞台
あひるなんちゃら 「地獄にて」「ハワイで農園」など
時間堂 「月輝きながら太陽の照る」「月並みなはなし」など
MCR 「MCR EXPO 06’s『シナトラと猫』」
レイテストアポロ 「伝染せば治る、けれど。」「月面/スターシップトゥルーパーズ」など

映像
田平衛史監督、自主制作映画「+A」主演など

演出家より なんどもお仕事ご一緒していますが、いまだに本心がどこにあるのかよくわかりません。台本初見でもだいたい正解に行き着きますし、外見もとにかく格好良いのですが、ぐっと心を奪われるのは彼が自由にやっていいと判断したときです。そうなったときは面白いことをやっても悲しいことをやっても絵になるし、今回はそういう場面がいくつもあって嬉しいです。

脚本家より 念願かなってご一緒させていただきました。理解力と適応力、技量の高さもありますが、演技の最中にバックグラウンドで計算できる処理能力を持つ役者さんなのだと思います。世莉さんもおっしゃるように「何を考えているのか分からない」向きもありますが、それは根津さんが観客を引き込むチカラを持つ大きな要素になっているのでしょう。

プロフィール

  リュカ. - Lucas [lyka]

Author:  リュカ. - Lucas [lyka]

リュカ.第10回公演+時間堂
「 v o c a l i s e (ヴォカリーズ)」
Lucas [lyka] 10th note (in alliance with Jikando)
" v o c a l i s e "
2006年11月2日(木)?6日(月) 王子小劇場

?詳

最近の記事

カレンダー(月別)

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。